小江戸・川越の氷川神社で良縁祈願

約15メートルの高さの大鳥居は、木製では日本一の大きさ!

 

江戸のように栄え、その風情が似ていることから「小江戸」と呼ばれている埼玉県川越市は、江戸情緒を残す古い町並みが特徴で、週末には散策を楽しむ観光客で賑わう人気のエリアです。
その小江戸・川越にも有名なパワースポットがあるのをご存知ですか?
良縁をもたらしてくれるという川越氷川神社に、美肌茶房読者の皆さまの幸せ祈願に行ってまいりました!

 

500年前に鎮座した由緒ある神社で、5柱の神様が祀られています。(神様は1柱、2柱…と数えるってご存知でしたか?!)

 

祀られているのは2組の夫婦神と大己貴命(オオナムチノミコト)で、夫婦神の一組は前回ご紹介しました島根県の八重垣神社にも祀られている、苦難を乗り越えてめでたく結婚した素盞鳴尊(スサノオノミコト)と稲田姫命(イナタヒメノミコト)。この2人の子孫がオオナムチで、出雲大社でも祀られている縁結びの神様です。そして夫婦神のもう一組は、稲田姫の両親の脚摩乳命(アシナヅチノミコト)と手摩乳命(テナヅチノミコト)です。この神様の名前は手足をなでて子どもを思いやる心(家庭円満の秘訣でもある子どもを思いやる優しい心)を表していて、子どもへの愛情をつかさどる神様です。このように結婚と家庭円満の2組の夫婦神と、その子孫の縁結びの神様を祀っていることから、川越氷川神社はいにしえから人々のご縁を取り持ってきたのです。

 

川越氷川神社に着いてまず目を奪われるのが、入り口にそびえ立つ木製の「大鳥居」です。約15メートルもの高さを誇る大鳥居は、木製の鳥居としては日本一の大きさ!幕末の幕臣・勝海舟が書いたという大鳥居の中央にある社号も見逃せません!

 

大鳥居を仰ぎ見たら、いざ境内へ。参拝して良縁祈願をしたら、境内を隅から隅まで見て歩きましょう。川越氷川神社は縁結びの神様というだけではなく、境内にたくさんの見どころがあるんですよ♪

 

祓いの川で人形を流して穢れを清めれば、すがすがしい気分になれます♪

 

参拝した人がたいてい次に向かうのが、御神水が流れる「祓(はら)いの川」。ここでは「人形流し」ができます。人形流しと聞くと、なんだかオドロオドロシイ感じがしますよね…。

 

人が知らず知らず身につけてしまっている穢(けが)れを祓い清めるために、神道では“人形”を用いるのだそうです。紙でできた人形に3回息を吹きかけ、人形を自分の身体になでつけて穢れを移し、祓いの川に流して穢れを祓い清めます。

 

「祓えたまえ、清めたまえ」と唱えながら人形を水に浮かべて流れる様子を見ていると、不思議とスッキリした気分になれますよ♪

 

柿本人麻呂を祀っている、全国的にも珍しい柿本人麻呂神社

 

祓いの川のすぐそばにある、大きな岩にも注目してみてください。鼻先を本殿に向け、片耳がたれているイヌに似た「戌岩(いぬいわ)」と呼ばれる大きな岩です。イヌはお産が軽くて多産なことから、古くから安産・子宝を象徴する動物で、妊婦さんがこのキリッとした横顔のりりしい戌岩をなでると、安産になるといわれています♪

 

また、本殿の左奥には、ハガキの語源になった「多羅葉(たらよう)の木」があります。葉っぱの裏をとがったもので書くと字が書けるので、紙の代わりに用いられていたという珍しい木です。

 

このほかにも、境内には「山上憶良の歌碑」や学問・歌道に優れた柿本人麻呂を祀る「柿本人麻呂神社」などもあり、恋愛・結婚・子宝のほかに、学問などのご縁ももたらしてくれる、さまざまな良縁をお願いできる神社なのです。

 

そうそう!神社といえば、おみくじが付き物ですよね♪川越氷川神社には、ちょっと変わったおみくじがあります。
「あい鯛みくじ」は、釣り竿で鯛を釣りあげて、その中に入っているおみくじを引き当てる遊び心いっぱいのおみくじです。おみくじと一緒にまが玉が入っているのは「えんみくじ」。まが玉は全部で8色あり、当たった色によってどんな“縁”に導かれるかが占えます。

 

そこで、美肌茶房編集部の私も良縁を祈願して、えんみくじを引いてみました!
出てきたのは青色のまが玉。青色の意味は、仕事とのご縁だそう…。それももちろん大事ですが、仕事だけではなんだかつまらないので、しぶとくもう一度引いてみました。狙うのはもちろんピンクのまが玉(恋人との縁)です!
結果は、またまた、青色のまが玉…。気を取り直して、今後、よほど仕事と良いご縁があるのだと思うことにします…。

 

小江戸散策の折には、川越氷川神社にもぜひ足を運んでみてください。自分でも気付かなかった穢れを祓い清めれば心もスッキリ!緑豊かな境内でさらに表情は晴れやかになり、すぐにでも良縁が舞い込んできそうなステキな和美人になれますよ♪

 

鯛を釣りあげるのが楽しい「あい鯛みくじ」

 

8色のまが玉がどれか1色入っている「えんみくじ」。2回引いたら、2回とも青のまが玉(仕事運)が出ました…

 

アクセス

埼玉県川越市宮下町2-11-3
JR・東武東上線「川越駅」より東武バス神明町車庫行きで喜多町下車、徒歩5分
詳しくは下記オフィシャルサイトをご参照ください。
http://www.hikawa.or.jp/jinja/index.html